スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そつりょ通信ブログ編~台北旅行記 その③~

もはや2ヶ月以上も昔の話になりにけり・・・

ってわけでいい加減書きますよっと(´◉◞౪◟◉)


修士一年って結構大変なんだな~って思う今日この頃、、、

それでは台湾旅行記3日目編はっじまっるよ~


IMG_0642.jpg
とくがわチェーンソーwww

西門にて、リーダーのトミー君曰く徳川チェーンソーと、
何の事だかさっぱりだがそう見えたとのこと。

この徳川チェーンソー発言が駅から宿に帰る時に非常に役に立つとは思いもしなかったww

今回は写真多いので小さめで(クリックやや拡大)


IMG_0522.jpg
去りゆく特急列車

西門駅にて、(一部省略)
知らないおっちゃん「(どこ行きたいの?)」
一行 瑞芳駅(平渓線という路線の始点)を指差しながら「ひあー!」
知らないおっちゃん「(後五分で電車が出るから急げ!!)」
そんなこんなでカードを使って速攻で11枚の切符を買ってくれたのち
知らないおっちゃん「(4番ホーム!)」
一行 「せんきゅー!」

そして、、、
おっちゃんありがとーとか思いながらホームで待ってると何やら電車の発車するような音が、、、
yes ホームの前の方にいた一行はホームの後ろの方に停まっていた瑞芳行き列車に気づかなかったのです!
知らないおっちゃんごめんね、俺ら乗り遅れちゃったよ(泣

というエピソードがあったとかあったとか、、(ちなみに瑞芳=ルイファンと読むらしい)

そして、、、

IMG_0523.jpg
瑞芳駅

15分後くらいに出た列車に乗って何とかたどり着きました。
んで、何も見ずに早速乗り換えて・・・

IMG_0528.jpg
イオンコーヒー

列車に揺られること2時間超、、、

IMG_0530.jpg
ジントン駅

ようやく平渓(ピンシー)線の終点ジントンへ、、、

IMG_0533.jpg
ジントン駅2

なかなか雰囲気のいいところですね、、、
冷たい餡子餅と日本氷がおいしかったです
(曰く、日本氷だけど日本にはないのだそうだ)

ちなみに帰りの電車が来るまで2時間近くあったのでかなりゆっくり見て回りましたとさ

IMG_0538.jpg
観光地要素

向かって右の人のアホ面を拝ませてやりたいけど自重。

IMG_0542.jpg
線路の方向変えるやつ

決して幼女を撮りたかったのではない(´◉◞౪◟◉)
結婚式の写真撮影みたいなことをしてましたね、、、そういえば


IMG_0544.jpg
いい感じの建物

なかなか田舎ながらにいい感じのところでした

IMG_0547.jpg
七夕?

七夕の短冊みたいに大量の竹がひっかけられていました・・・

IMG_0549.jpg
白石村

IMG_0551.jpg
ぬこ!

IMG_0553.jpg
主の影

もはやコメントすることはありませんがホント良き田舎って感じでした。

んで、、、ようやく一行は・・・

IMG_0556.jpg
十分駅

十分へやってきました。
とりあえずここは強化合宿コース、ひたすら歩きます

IMG_0559.jpg
チキンに御飯が入ったやつ

駅で買ったこれがものすごくおいしかったです。
もう一個買って食えばよかった・・・。
チキンのおかげで犬につけ回されたり、
某トミー君が幼女に異常になつかれたりといろいろありましたねぇ(´◉◞౪◟◉)

IMG_0563.jpg
線路沿いの商店街

やけに線路に近い位置に店が並んでます。
小さな気球に願いを乗せて大量に飛ばしていました、山火事にならなければいいけど

IMG_0569.jpg
飛んでいくミニ気球

IMG_0600.jpg
つわものどもが夢のあと

歩いてる途中で気球の死骸もとい夢の残骸を大量にみることができます(´◉◞౪◟◉)

IMG_0565.jpg
ぬこ!!

この日は犬猫にたくさん会いました。

IMG_0573.jpg
絶賛工事中

こういう風景大好きです。
完成したら南北を貫く線路になるのかな~とか勝手に妄想してみたり。
ただこの不安定感がなんかね、、、

IMG_0578.jpg
幸せそうでなにより


IMG_0579.jpg
マイナスイオン!!


IMG_0599.jpg
吊り橋

つり橋を揺らして渡るのはいつものこと、
スイーツ君がダダを(ry

IMG_0604.jpg
十分幸福民宿

なかなかのネーミングセンスである。

IMG_0605.jpg
ぬこ!!!

そんなこんなで一行は十分を後にするのでした。
割と長く歩いて疲れたよw

IMG_0612.jpg
九份

というわけで一行は九份へ、、、
運悪く非常に濃い霧に包まれていました、、、が

なかなかいい雰囲気・・・7のせいで台無しだよこんちきしょう!
まぁいい雰囲気でした。
高台にあるので綺麗な景色が見えるはずだったんですが、
霧で3メートル先すら危ういレベルでした

IMG_0614.jpg
そっちに行っては戻れなくなってしまうよ?

小道に入ると本当に戻ってこれなくなりそうな神秘的な雰囲気が漂っていて
これはこれで断然アリだな~とか、、、

IMG_0617.jpg
iphoneのカメラでは厳しい・・・

本当に霧が濃くてRPGのダンジョンみたいになってました。
3年ちょっと前にうちの大学で濃霧が発生して、
TO☆MO☆YA君が服を脱いで森に帰って行った事件が鮮明によみがえりましたね(´◉◞౪◟◉)
その時の大学の建物は上が見えなくてラスダンの摩天楼見たくなってました。
あの時だけは田舎の大学も悪くはないなとか思いましたね・・・

IMG_0618.jpg
だから、そっちに行ったら(ry

どうやらこの先は民家だったらしく突然現れた番犬に超絶ビビリました。
、、、提灯が見えるから大丈夫だろうとか言ってすみません
犬の苦手な主が先頭だったらたぶん階段から落ちて死んでしまっていたことでしょう

IMG_0621.jpg
湯婆婆の茶屋

九份はジブリ映画「線と千尋の神隠し」のモデルとなった町です。
そんでこれが湯婆婆の宿のモデルとなった茶屋、、、いい雰囲気ですね~
何人かはここでお茶をしていたらしいです。
主は下の方で雨宿りしていましたとさ

ちなみに駅からここまでは結構な距離があるんですが、
タクシーで180NTDと大変お安くなっているので是非利用すべきだと思います。

その後疲れてしまった一行は奮発して厚切りステーキなんか食べたりしました。
(胡椒ベースのソースは辛くてしんどかったorz肉の部分だけならいいんだけどマカロニががが)

主はステーキ食った後にもかかわらずなぜか吉野屋みたいなところで
肉うどんを食べていました・・・痩せているけど割と大食漢なのです。

IMG_0637.jpg
ぐで~ん

そんなこんなで宿に戻ってぐったりするのでした。
次の日には帰国なんて、、、いやはやなかなか短いですね3泊4日、、
とはいえ台北周辺をまわるならそれくらいがベストかもしれないなーと思いました。


次回は遂に最終日!
西門のアレな店巡りです。
それでは今日はこの辺で(´◉◞౪◟◉)ノシ



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

うごく満潮
イラストとか昔の日記
プロフィール

Iron(あいろん)

Author:Iron(あいろん)
のんびりゆったりまいぺーす。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。